製品紹介
  • ケイカルエースWIN
  • <グラップルジンクプライマー
  • ケイカルエース・スーパーシリカ
  • リサイカル
  • リサイカル
明星工業トップ製品紹介:ケイカルエースWIN
製品紹介  ケイカルエースWIN (Keical Ace WIN)

外面腐食抑制対策用防錆機能付保温材:特許登録4201733号

1.保温材直下の炭素鋼の外面腐食
保温材施工→外面腐食

保温材に水分が浸入すると保温材直下の炭素鋼の腐食が発生するケースが見受けられます。特に海岸部など塩分が多い環境下にある場合や運転温度が60〜80℃の比較的低い場合に腐食が発生し易くなります。

2.現状の外面腐食抑制対策
一般品 撥水品
1.塗装による母材の保護
・錆び止め2回塗り仕様
雨水・熱によって劣化
2.保温材吸水抑制
・撥水性保温材の適用
250℃以上で撥水性能低下
3.外装材継ぎ目シーリング
・シリコンシーラント施工
目地切れ

これらの対策は長期的な腐食抑制対策にはならない!!

3.新規外面腐食抑制対策(ケイカルエースWIN)

『ケイカルエースWIN』は軽量・高強度・低熱伝導率であるけい酸カルシウム保温材(JIS A 9510 1号-15相当品)の内側に特殊防錆顔料(亜リン酸カルシウムと亜硝酸型ハイドロカルマイト)を固定化させた新しいタイプの保温材です。

特殊防錆顔料には次のような性質があります。



亜リン酸カルシウムの防食作用

1 水と接触するとアルカリ成分が放出され、不動態化を促進させる。


亜硝酸型ハイドロカルマイトの防食作用(陰イオン交換反応)

2 炭素鋼を腐食させる塩分を吸着・固定化します。


3 炭素鋼の腐食を抑制する成分を放出して保護膜(不動態被膜)を形成させます。


『ケイカルエースWIN』は特殊防錆顔料の2つの性質で高濃度の塩分環境下、または水分が浸入しても従来の保温材と比較すると遥かに優れた防錆性能が期待できます。

特殊防錆顔料 特殊防錆顔料付与
従来保温材
WIN

4.実証試験
温水配管(3B)1.5h毎に温水通流
配管表面温度 90〜95℃

  解体後の配管の腐食状況
従来品 WIN 噴露試験期間:1年間 従来品 WIN 噴露試験期間:1年間 従来品 WIN 噴露試験期間:1年間
<試験条件>
保温材3B×30mm外装材なし
3%NaCl噴霧 200ml/回×2回/週
  WINには腐食抑制効果あり




【参考資料ダウンロード(PDF)】
ケイカルエースWIN (Keical Ace WIN)
お問い合わせ先
お電話でのお問い合わせ : 最寄りの事業所へお問い合わせ下さい。 事業所紹介はこちら


ページトップへ