会社情報

BUSINESS OUTLINE

事業概要
世界有数の断熱(保温・保冷・耐火)技術を生かして、
「エネルギー」「エコロジー」関連事業を展開しています。

当社は、発電所や化学プラント、LNG(液化天然ガス)関連施設等に代表される工業設備に欠かせない熱絶縁工事を主力とする建設工事会社です。工業炉で2,000度もの高温から設備を守り、LNG運搬船でマイナス160度の超低温を保つ当社の断熱技術は、国内外の多くのユーザーから高い評価と信頼をいただき、省エネや地球環境の保全に広く貢献しています。

コア技術
中央研究所

中央研究所では、断熱関連の材料・工法について、基礎研究・応用研究・実用実験を行うことにより、自社製造の断熱材の高品質化、環境対応化(脱フロン)や新たな材料、工法の開発などを行なっております。特に対応が困難とされる液化天然ガス(-162℃)を想定した超低温下の冷却試験においては、30年以上の実績を有し高い評価を得ております。

また、(社)日本作業環境測定協会の認定機関として、断熱材・建材等のアスベスト含有の分析にも対応しております。

中央研究所
浜松工場

浜松工場では、断熱関連工事に使用するさまざまな材料を自社生産しています。主力製品としては、LNG船向防熱パネル、低温向断熱材のポリウレタンフォーム(モールド品、切出品)および原子力発電所に使用される金属保温材などがあります。

生産に当たっては環境に配慮し、廃棄物低減のため断熱材の減容およびサーマルリサイクルに取り組み、厳重な品質管理のもとで製造しています。また、顧客のニーズに合わせ、営業、工事、技術と一体となり新たな熱絶縁材料の開発に努めております。

浜松工場
pagetop