コンクリート補修・補強

長年にわたり
コンクリートの耐久性を維持

海洋構造物やプラント、土木・建築、下水処理施設等、あらゆる構造物に用いられているコンクリートは、長年の風雨や潮風により、劣化・腐食が進行しています。当社が開発したコンクリート構造物の補修・補強システム「サンコート工法」は、自然環境により引き起こされるコンクリートの劣化進行をストップするとともに、長年にわたってコンクリートの耐久性を維持することができます。

  • 01

    高架橋橋脚の補修

    中性化またはアルカリ骨材反応によって劣化したコンクリートに対し、浸透性防錆剤や柔軟性のある難燃厚模型複層弾性防水剤が躯体の耐久性を維持・向上させます。
  • 02

    コンクリート製煙突の耐震補強

    高強度・高耐久性・軽量な炭素繊維により短い工期でRC煙突の耐震補強を行います。
  • 03

    高架橋柱梁の補強・床板の補修

    塩害・中性化により損傷を受けた橋梁等に鋼版補強の耐震施工を行います。
  • 04

    塩害構造物の補修・補強

    塩害によって劣化した海洋構造物に対し浸透性防錆剤や柔軟性のある難燃厚模型複層弾性防水剤が躯体の耐久性を維持・向上させます。
  • 05

    LNG設備構造物の補修・補強

    LNG施設の防液堤床部の断熱舗装材をアクリルゴムエマルションと無機質系硬化剤からなる難燃防水材で保護し、断熱舗装材の耐久性を保持します。
  • ポイント

    -POINT

    劣化したコンクリート構造物の機能を回復し、耐久性を保持するという課題に応えるための補修対策で重要なことは、劣化したコンクリート構造物の寿命を見据えた上で、最も経済効果の高い維持管理計画を策定することです。
    そのためには、優れた調査能力と寿命予知能力、及び耐久性に優れた補修・補強材料の選定が必須となります。

  • サービスプラン

    -SERVICE PLAN

    調査診断業務は、各種の非破壊調査と破壊調査を行い、対象構造物の寿命を予測し、お客様に対しより経済的な補修・補強方法をご提案いたします。
    また、当社の補修・補強材料は、西日本旅客鉄道(株)、日本道路公団、各学協会の材料認定を受けております。さらに、当社工法の補修効果は現場試験等で検証され、『論文』として業界誌に掲載されています。

  • 事業体制

    -BUSINESS STRUCTURE

    当社は、コンクリート補修・補強工事について調査診断・設計・施工と一貫した技術体制を確立しています。
    また、独自の材料・工法を持ち、全国的な営業所ネットワークを利用して地元密着型で小規模工事に対しても機敏に対応しています。

    事業体制

CONTACT

お問い合わせ
環境部(大阪)TEL. 06-6448-0455FAX. 06-6448-3281
環境部(東京)TEL. 03-3206-7954FAX. 03-3206-7927
pagetop